新技術支援制度

新技術支援制度とは

当協会では新技術支援に関する必要な事項を定め、下水道管路管理に関する新技術の開発を促進することを目的とし、主に以下の分野で募集しています。

①安全管理技術

現場作業の安全性の向上に寄与する技術について募集しています。
たとえば、長距離大口径管きょ内の換気・通信技術、設置・撤去が容易な流失防止技術、マンホール内の転落・落下防止技術、緊急避難技術、車両運行管理技術など。

②業務効率化技術

下水道管路管理業務の効率化等を図れる技術について募集しています。
たとえば、長距離大口径管路の調査・清掃技術、点検困難箇所(流量の多い幹線管きょや圧送管等)の点検技術、調査精度や施工品質等の向上を図れる技術、作業コスト及び作業スピードの向上を図れる技術など。

③その他

 

募集概要

公募に関する概要については以下の資料を御覧ください。

詳しくはこちら

 

平成28年度選考結果

平成28年度の採択技術は次のとおりです。

詳しくはこちら

 

新技術支援制度の認定技術一覧